燃料ガス用水素発生装置 | 日本
日本

燃料ガス用水素発生装置

ParkerBalstonの燃焼ガス用水素発生装置は、プロトン交換膜を使用しており、水素発生装置で電解液を使用する必要がありません。

ParkerBalstonの燃焼ガス用水素発生装置は、プロトン交換膜を使用しており、水素発生装置で電解液を使用する必要がありません。

属性を選択し、製品検索を改善します。
上記のリストから仕様を選択して下さい。
Description
    ParkerBalstonの燃焼ガス用水素発生装置は、プロトン交換膜(PEM)セルが使用されており、電解液は不要です。ParkerBalston水素発生装置は、市場で最も信頼性の高い水素発生装置です。メンテナンスは年数回、僅かな時間で済み、長時間に渡って利用不能となるような不便はありません。ディオナイザーバッグは6カ月ごとに交換し、乾燥剤カートリッジはブルーからグレーに変わったときに交換してください。イオン交換水だけで数週間連続して水素を発生させることができます。自動水充填は、すべての燃焼ガス用水素発生装置で利用できます。最大510cc/分の発生流量で、純度99.9995%の水素を複数のFIDに供給することができます。

    特長と利点:•FIDに最適な燃料ガスを最大14台分供給可能です。•危険で高価な水素ガスボンベが不要になります。•先進的な純水管理システムと制御回路により長時間の動作が可能▪運転状況を照明の色で表示、水位の確認・動作状況を簡単に確認できます。▪USB接続により動作状況のモニタリング及びリモートコントロールが可能です▪信頼性が高くコンパクト、ベンチ上の所要面積はわずか0.09m2です▪2年間のセル保証が含まれます
    ▪電解液は不要
Description

機能特性

用途

フレームイオン化検出器用燃料ガス

ブランド

Balston

ガス要件

水素

最大吸入圧力 (psig)

N/A

最大吐出圧力 (psig)

100

ポートサイズ

出口:1/8 "圧縮

ガス純度要件

99.9995%

流量

100 cc/min, 165 cc/min, 260 cc/min, 510 cc/min

コンプレッサ

NO

電気的要件

100 VAC / 230 VAC

証明書

CSA, UL, CE, IEC 1010

お問合せ

パーカー・ハネフィン日本株式会社
東京都港区白金台3-2-10
白金台ビル2F
〒108-0071
電話 03-6408-3901(営業本部)
FAX  03-5449-7202